個人民事再生は司法書士にネットで依頼しました。

後で読むには以下のボタンが便利です。


こちらであなたピッタリの借金専門家を診断出来ます。


どうも借金レスキューです。
Iさんが司法書士さんに依頼をし個人民事再生をされた体験談を掲載します。


1 司法書士事務所に依頼した時の事


sai6
私は司法書士事務所には直接いかずにインターネットで司法書士事務所を探しました。
私は直接会って話をするのが恥ずかしく私の住んでいる地方ではない司法書士事務所の門を叩きました。

メールでのやりとりになりますが対応してくれた方は、詳細を説明をしてくださいと伝えてきました。

私は現在の状況を説明しました。
借金が、数社に渡り600万円ある。それ以外にも住宅ローンがある。
どのようにすれば得策であるかを、考えていただき自己破産か個人再生のどちらかをやるべきとの回答でした。
文面だけのやりとりですので雰囲気とかは分かりませんが、メールのやり取りでは優しい対応でした。


司法書士事務所の面談でどんな話をしたのか


今までの経緯は何も要求されませんでした。どうしてこんなに、借金をしてしまったのとか?
ただ、今現在の借金しているところはどこですか?という質問があり、正直にはなしをしました。

銀行60万円。信販170万円(ショッピング合わせて)。消費者金融200万円。自動車ローン200万円。住宅ローン2500万円。

また、支払日は毎月いつで、いくらの支払いか?事細かな内容です。
こういう状況になってから、各社、どれほ ど払わなくてはダメなのかは把握できていませんでした。痛切にどれほど問題であったかを感じました。

まずは私がどうしたいか?の質問で、自分は、家を失わなわないで、借金を減らせないか?と回答をしました。

月々いくらまでなら払えますか?という質問で、自分はできるだけ少なくだか、
7.8万円くらいが妥当と回答(今までは、月々20払っていて、自転車操業も難しくなったため。)

そこで、自己再生で、できそうだという回答から、確定するまではしはらいを行わないようにと連絡があり、待ちの状態になりました。


司法書士さんから受けたアドバイス


アドバイスをされてはいないのですが、二度とこういう事にならないように気をつけてくださいとかはないですし、
逆に、この額でちゃんと払っていけますか?毎月支払いは出来ていますか?というアドバイスがあります。

これは、どうとらえるかは分かりませんが
・折角契約したのにトンズラこいてないよね?大丈夫だよね?
・新たに、減額できるかもしれないから、相談して!

なのかは、ちょっと分かりません。

メールでのやりとりだけですので、しつこいやりとりにはならず、端的に明確に、連絡が出来たので、良い契約を結べたのかなと考えます。
直接だといざって時に相談はしやすいかもしれませんが、面が割れたくないというプライド持ちの自分はこの方法はありなのかと感じます。


個人民事再生の手続きはどのようにして行われるのか


小規模個人再生を、行いました。

手続きは、司法書士事務所で用意していただいた、各社へ提出用の資料へ、
名前の記入、住所、会社名などを書き、実印を押して提出という形で、一人でやるにはとうてい難しい資料集めから、書式の作成、文章の形式です。

離婚調停で家庭裁判所へ行った時に、別の階に、借金関係の場所があるので相談してくださいと言われた時に、
自己破産、個人再生は一人ではできない(専門家 の手を介さないと不調になるかもしれないと伝えられていた手前、
自分が勉強してやればできたかもしれませんが、そのような手間暇をおしめないと自覚しており、上記のように専門家にお願いは正しい選択だったと思います。


2.3週間後に連絡があり、各社、合意できたと連絡があり、まずは、司法書士事務所への、手数料支払いを分割でお願いします。とのこと

。書類が届き司法書士費用を5社×3万円を三ヶ月で分割支払い。その後は引き続き、5社への支払いスタートしてくださいとありました。
手続きはそんなに手間ではなく、ある程度決まった収入があったからこそ、すんなりできたのかなと考えます。


実際に個人再生を行ってから変わった事



個人再生を行った後の生活は、

・カードが使えない。新たな借金ができない。ことがありました。通常生活を行っていれば問題ないのですが、生活に困窮した時など困りますね。

・車を借金で購入していたため、私の乗る車がなくなりました。地方に住んでいるため、車がないと生活しづらいのですが、まとまったお金が入るまでは、自転 車生活をするようになりました。嫁の車はありましたが、このころは、もう話をしない状況だったため借りることはありませんでした。

結局、借金を新たにできないため、一括での購入になり、まとまったお金が入るまでは、この生活をしました。自分のせいなので苦ではありますが、戒めの意味を込めて、頑張っています。ボーナス出ると、安いのでいいので、一括で購入しました。

・毎月の返済で主要銀行(三井住友、三菱ufj)への振込となり、銀行口座を持っていなかったため、そのままでは手数料(約1000円、毎月)がかかります。よって、新たに、開設して手数料かからないで振り込めるようにしました。

生活は、現金主義で考え、できるだけ無駄なものは買わない、お得なことをする。ことを念頭に入れ生活しています。
たまの気晴らしで飲み会などは参加しましたが、本当にたまに程度です。

仕事、バイト以外は、家または近所で子供と触れ合うのが日課になりました。


住宅ローンについてはどうなったのか


住宅ローンについてですが、現在は変動金利で、定期的に契約をむすび、
毎月支払いを、10万円弱、ボーナス支払いを20万円弱で支払いを行っています。これは、個人再生を行う前の契約でした。
次の契約がどうなるか不明な点があります。

借金ができない状況での住宅ローンの扱いが、例えばもう借りれませんと言われることはないとは思いますが、
その場合は手放すしかありません。そうでなければ今まで通りの、同じ銀行さんでの契約を続けたいと考えます。

この話をしていない他の方から別に書き換えたらどうと話はありますが、おそらくブラックになっているため、書き換えはできないでしょう。あまり、強い勧誘はないので今のところはいいですが。

やはり、先を見越した借金をしないとダメなことが身にしみます。


個人再生を行いましたが破産しても同様だったかなと考える今日この頃。しかしそれ以前の問題で、借金はしないのが一番だと実感させられます。


これから


私の、今までの人生途中までですが書き込みをさせていただきましたが、
人生一度しかないので、いい体験をしていると考えることもできますし、あーあかわいそうにと考えることもできます。

自分としては、どっちも感じています。人生は1度と考えれば山あり谷ありのほうが面白いかもしれないですが、それだけ分負担はかかってきます。
周りの目も気になります。何もない平々凡々の生活でしたら、つまらないものだともいえるかもしれませんが、それがいい人もいますのでどちらがいいとは言えません。

これからについてですが、借金は地道に返していければと思います。自分で作った問題なので自分で尻拭いはしなければなりません。

嫁との離婚問題ですが、彼女が借金で首が回ってない間は、ずっと私を頼ってくるでしょう。
但し、私は、なるべく受け入れないようにしたいです。

それを受け入れてしまうと、それが正だと勘違いするから、また同じことの繰り返しになるでしょう。気持ちは離れており、いいきっかけができれば、離婚をすることは可能でありますので、機会と自分の精神力の回復を待ってから、考えたいと思います。

また娘ちゃんに対してですが、いろいろ両親のいきさつを見て、その場にいて、把握しています。
それでも彼女は、優秀な子に育ってくれて、謝っても謝りきれないところです。また、嫁からの暴力があるために、私への信頼度も増しています。

自分も娘ちゃんに対しては愛情をささげていきたいので、離婚が成立できるのであれば、一緒に生活していくようなことが目標になるでしょう。

お金との付き合い方


お金は生きるためには必要です。但し身分相応な使い方をしなければなりません。また作らなくてはなりません。
いまは勝手にお金が入ってくることはありません。自分の力で肉体労働、頭を使った労働、何か労力を使ったうえでそれの
見返りとして対価をいただけると、それを身分相応な使い方をしないと私みたいになってしまうので気を付けないといけません。

今回、私のこの体験が誰かの目に留まるかはわかりませんが、何かのきっかけを持つことができればいいかと思います。

このような生活ではだめだという考え方。逆にいろいろあって楽しそうじゃん。という考え方。自分としては反面教師程度で思っていただければいいかなと思います。

世の中には貧富の差があります。それは生まれた国であったり、生まれた家庭であったり
、生きていく過程でのタイミングにより貧しくもなりうるし、富むこともありうると考えます。いくら学校の成績がよく、いい会社に入れても、順応できなければ沈んでいく人もいます。

学校の成績が悪くても、人づきあいがよい、何かが優れているとかで登っていく人もいます。人生それぞれ山あり谷あり。(山ばかり、谷ばかりの人もいますが)
自分で自分のしりぬぐいができるくらいの器を持っていないとだめなんだろうなと考えます。

記事のシェアをお願いします。

今回の記事が、誰かのためになる、役立つと思われたらシェアして頂けると励みになります。

借金の返済に困って、借金で借金を返すような状況になっていませんか? 一人で悩まずに、借金減額の可能性など、 専門家に相談するのが一番おすすめです。 あなたに合う専門家サーチを作りましたので、是非ご利用下さい。

問1 : 何について相談したいですか?
借金問題の解決方法について 過払い金請求について
問2 : 匿名で相談したいですか?
はい いいえ
問3 : ヤミ金からの借り入れはありますか?
はい いいえ
問4 : 家族や周りには内緒で相談したいですか?
はい いいえ
問5 : 住宅ローンの支払いはありますか?
はい いいえ