沖縄県の債務整理弁護士について

沖縄県での債務整理を行っていくにあたって、各弁護士事務所、司法書士事務所を紹介しています。

沖縄県の借金問題について


総務省統計局のデータによると、沖縄県の1世帯当たり借金現在高は520万円、年収比率114.2%となり、全国平均83.4%を大きく上回り、全国一の年収比となっています。

借金保有率で見ると、全国平均の48.6%より高い57.1%となり、借金額は低いが、人口の約半数が借金を抱えていることから、全国的に見て借金額は低く、約半数が何らかの借金を持っていることになります。
沖縄県の年間収入は455万円と、全国平均の700万円をかなり下回っています。その為、相対的に見た個人負担の割合はかなり高くなっています。

沖縄県の平均年収について


平成26年の沖縄県の平均年収は339万4200円でした。
沖縄県は太平洋戦争後、四半世紀もの間アメリカ軍占領下におかれるなど、複雑な歴史から、現在もアメリカ軍基地にその面積と経済の多くを依存しており、基地移転問題などの様々な課題が重要視されています。
また、熱帯気候に分類されるため、日本の一大リゾート地の一つともなっています。
県民性は「てーげー」に代表されるようにおおらか過ぎて、若干ルーズな面もあるようです。

実際、2年程前は事務の契約社員の場合は平均年収は、300万円程だったのが、
現在は委託業務のみで、年収は100万円に届かないというケースもあるのです。
2015年では男性が378万1800円、女性が283万7300円と言う数字でした。

例えば45歳の男性が一年間に貰うボーナスが約40万円だとしたら、月収は39万円になります。
そこから税金などが引かれれば、手取りは31~33万円位になるのでしょう。

こういった数字からも、借金が増えていってしまう状況にあるようです。


沖縄県の弁護士数


沖縄県の弁護士人数は248人ですが、弁護士1人あたりの人口数が5,730人と、全国的に見て、人口に対する割合も少なくなっています。
都道府県別に見た沖縄県の弁護士数は、47都道府県の弁護士の0.68%です。
総弁護士事務所数は、154箇所になります。


あなたにあった専門家を診断


問1 : 何について相談したいですか?
借金問題の解決方法について 過払い金請求について
問2 : 匿名で相談したいですか?
はい いいえ
問3 : ヤミ金からの借り入れはありますか?
はい いいえ
問4 : 家族や周りには内緒で相談したいですか?
はい いいえ
問5 : 住宅ローンの支払いはありますか?
はい いいえ