愛媛県の債務整理弁護士について

愛媛県での債務整理を行っていくにあたって、各弁護士事務所、司法書士事務所を紹介しています。

愛媛県の借金問題について


総務省統計局のデータによると、愛媛県の1世帯当たり借金現在高は516万円、年収比率82.8%となり、全国平均83.4%とほぼ同じとなっています。

借金保有率で見ると、全国平均の48.6%よりやや低い46.9%となり、借金額も低く、人口の約半数以下が借金を抱えていることから、全国的に見て借金額は低く、約半数以下が何らかの借金を持っていることになります。
愛媛県の年間収入は623万円と、全国平均の700万円を下回っています。その為、相対的に見た個人負担の割合は高くなっています。

愛媛県の平均年収について


平成26年の愛媛県の平均年収は404万6900円でした。

愛媛県は瀬戸内海を挟んで、広島県との文化的・経済的な交流が深く、一方で九州側は温暖でありながらも、四国でも降雪地帯を抱えています。また、水資源に乏しく、度々渇水などの影響を受けることがあります。
第一次産業も盛んですが、瀬戸内海を挟んでの瀬戸内工業地帯の一角も担っており、今治市に代表される繊維業なども盛んです。

20代前半の平均年収が268万円と知ったときに、同じ年代でも高卒と大卒では一般の人が考えている以上に年収に差が開いていきます。。
まず初めに高卒と大卒では、生涯賃金が約一億円の差があるというデータがあります。しかしこれは大学生を卒業してすぐに働いた場合なので、学生の時にアルバイトをしていると更に生涯年収に差が出ます。

大学生の約5割はアルバイトをしていて、私の友人でアルバイトをしている人は、平均で一年に100万円ぐらい稼いでる人が多く、中には150万円以上稼いでる人もいます。
高卒の平均年収は平均で200万円ぐらいなので、この時点でも年収に思った以上の差がつきません。
高卒で働くメリットは、大学生になるよりもよりも早く大きなお金を稼ぐことができることですが、今の時代大学生でも稼いでる人がいるので、高卒で働くメリットが薄くなっているような気がします。

こういう部分からも、収入減から、借金が増えていってしまう原因の一つになると考えられます。

愛媛県の弁護士数


愛媛県の弁護士人数は162人ですが、弁護士1人あたりの人口数が8,611人と、全国的に見て、人口に対する割合もやや多くなっています。
都道府県別に見た愛媛県の弁護士数は、47都道府県の弁護士の0.44%です。
総弁護士事務所数は、112箇所になります。


あなたにあった専門家を診断


問1 : 何について相談したいですか?
借金問題の解決方法について 過払い金請求について
問2 : 匿名で相談したいですか?
はい いいえ
問3 : ヤミ金からの借り入れはありますか?
はい いいえ
問4 : 家族や周りには内緒で相談したいですか?
はい いいえ
問5 : 住宅ローンの支払いはありますか?
はい いいえ