転職回数と借金には業種も関係あり?

後で読むには以下のボタンが便利です。


こちらであなたピッタリの借金専門家を診断出来ます。


転職は悪いことではないけれど自己評価は冷静に

終身雇用がほぼ崩壊している現代の企業では、学校を出てから定年になるまでの「勤労期間」に何度か転職をすることも珍しくありません。

それでも、大学を出てからの勤労期間が40年くらいとすると、多くても3回程度の転職が「その職場で技術をものにできてからの転職」と言われるラインかなとも思います。

つまり、いくら転職が当たり前になってきた時代でも両手では足りないくらいの転職をしていては「転籍苔を生ぜず」を地で行くことになってしまうということです。


借金と転職回数が多い人の特徴


転職回数が多いと借金を抱えているケースが多いとは一概に言えません。

それでも、首が回らないくらいの借金を抱えている人の多くはかなり数の転職を繰り返している人が多くいます。

こうした人は「一つの職場でのちょっとした我慢ができない」というややこらえ性のない性格をしていることが多いですね。

そして、業種で言うとアパレルやIT系の営業職の人が圧倒的に多いんですよね。

転職理由を聞いても「なんか雰囲気が合わない」とか「条件が合わない気がしてきた」とかどこか漠然としたものばかりで、将来こういう道に行きたいからとか、○年後にこういう生活をしていたいからなんていう具体的な将来像を聞くことも少ない場合が多いのです。

本当に辛い職場にウツや身体を壊してまで居続ける必要はないと思いますがそれでも、どんな職場でも辛いことの1つや2つあるものなので、少しくらいは合わせたり我慢したりをしなければ、何も続きません。

そして、ここに例を挙げているような人は「目先の楽しさ」に重点を置きすぎている人が多いのです。

確かに1度の人生ですから、辛いことが多い人生より楽しいことが多い方がいいに決まっています。

しかし、将来像がないままの「毎日楽しければイイ」は刹那的で破滅的です。

こうした生活を繰り返していると、借金も膨らむだけ膨らんで、家族や子どもを不幸にしてしまいます。

悪いことは言いません。ちょっとだけ、自分の自己評価を客観的にして冷静に分析して、このままでこの先もっと条件の良い転職ができるか
もっと自分の「本当の姿」と向き合ってくださいね。

記事のシェアをお願いします。

今回の記事が、誰かのためになる、役立つと思われたらシェアして頂けると励みになります。

借金の返済に困って、借金で借金を返すような状況になっていませんか? 一人で悩まずに、借金減額の可能性など、 専門家に相談するのが一番おすすめです。 あなたに合う専門家サーチを作りましたので、是非ご利用下さい。

問1 : 何について相談したいですか?
借金問題の解決方法について 過払い金請求について
問2 : 匿名で相談したいですか?
はい いいえ
問3 : ヤミ金からの借り入れはありますか?
はい いいえ
問4 : 家族や周りには内緒で相談したいですか?
はい いいえ
問5 : 住宅ローンの支払いはありますか?
はい いいえ