借金があるのに高級車をもつ人

後で読むには以下のボタンが便利です。


こちらであなたピッタリの借金専門家を診断出来ます。


クルマが食べているのはガソリンでも電気でもなく「お金」である

地方住みの場合、クルマがどうしても必要と言う状況があるのは致し方ない面があります。

公共交通機関が発達している地域ばかりではないですし、お店と言えば郊外の車でしか
行けない場所にありますし。

でも、地方の人にとって車は「足」であり「道具」なので、地方で高級車を見る割合は
そんなに高くはありません。

一方で、公共交通機関の発達している都市部ではやたらと高級車がいます。

都市部では「道具」の意味を持たない車は「見栄」と「虚勢」の最たるものな場合が
結構あるのです。



破産よりも車を手放すことを嫌がる心理


地方の人が生活苦で破産を選ぶ場合、必要最低限の車を残して、他の趣味的な車や
燃費が悪い車を手放すことはそこまで意固地にはならないことが多いです。

こうした人は純粋に「メカ」としての車が好きなことが多くて、安くても高級車では
なくても「カスタマイズ」できればイイと言う人が多いから。

しかし、都市部に住んでいて車にお金をかけている人は「高級車」がイイのであって
もっと言うと「高級車に乗ってる/高級車を持っている自分」が好きなので、破産で
財産を換価するという時も、車だけは手放したくないという人もいます。

想いで深いとか、自分がカスタマイズした車だから…というのではなくて、こうした人は
「高級車を持つことで支えられていた自分のプライド」が失われることがイヤなんです
よね。

だからこそ、なのか、こうした人は高級車を何度も何度も買い替えます。

びっくりする人ような人では年に1回は高級車を買い替えたりするわけです。

もちろん、そんなことをしていてはいくら高給取りの人でも借金なしでは車が
買えなくなりますし、気がついた時には借金で首が回らなくなっています。

それでもこうした人は最後まで車を手放したがりません。

この車がなくなっては生活ができなくなる!というのです。

でも、駅は徒歩圏内だし、他の交通機関もあるし、お店が遠いわけでもない。

こうした人が破産や任意整理の相談に来ると弁護士などは困ります。

いくら言っても財産を換価してくれないわけですから。

高級車に乗っていることで保たれていたプライドが、こういった人は、車がなくなるのと
同時に砕け散ることも多いです。

けれど、そこは腹を括ってこれからの自分と家族について考えてほしいのです。

都市部の生活において今は車は嗜好品のような存在。

また自分に余裕ができたら車に向かうようにして、自分のお金を食べられ続けている
状態の時はどうか、車からは一歩離れてみてください。

愛するものとは一度離れた方が、より相手の良さがわかる時もあるのですよ。

記事のシェアをお願いします。

今回の記事が、誰かのためになる、役立つと思われたらシェアして頂けると励みになります。

借金の返済に困って、借金で借金を返すような状況になっていませんか? 一人で悩まずに、借金減額の可能性など、 専門家に相談するのが一番おすすめです。 あなたに合う専門家サーチを作りましたので、是非ご利用下さい。

問1 : 何について相談したいですか?
借金問題の解決方法について 過払い金請求について
問2 : 匿名で相談したいですか?
はい いいえ
問3 : ヤミ金からの借り入れはありますか?
はい いいえ
問4 : 家族や周りには内緒で相談したいですか?
はい いいえ
問5 : 住宅ローンの支払いはありますか?
はい いいえ