富山県の債務整理弁護士について

富山県での債務整理を行っていくにあたって、各弁護士事務所、司法書士事務所を紹介しています。

富山県の借金問題について


総務省統計局のデータによると、富山県の1世帯当たり借金現在高は545万円、年収比率73.3%となり、全国平均83.4%よりもやや低くなっています。

借金保有率で見ると、全国平均の48.6%をやや上回る45.2%となり、借金額も低く、人口の約半分以下が借金を抱えていることから、全国的に見て借金額はやや少ないものの、約半数が何らかの借金を持っていることになります。
富山県の年間収入は805万円と、全国平均の700万円をかなり上回っています。その為、相対的に見た個人負担の割合は低くなっています。

富山県の平均年収について


富山県は水田率全国1位を誇り、また、北陸工業地域の中核でもあります。「越中の薬売り」の伝統から、医薬品の製造・販売も盛んです。「越中の人、陰気にして智あり」と言われ、貯蓄額も高く、また、持ち家率・家の延べ面積も全国1位と、着実な県民性を現しています。

富山県の平均年収だと、職種によって大きな差はあるものの、全体の平均で男性30代前半438~後半499万に対し、女性は30代前半294~後半297といった結果がわかりました。

男性の年収が後半にかけて増えているのに対し、女性には大きな変化がありません。つまり、女性で昇給することはかなり難しいという事です。
性が活躍する社会の実態がこの数字に現れているのだとしたら、考えさせられるものがあります。

富山県の弁護士数


富山県の弁護士人数は110人ですが、弁護士1人あたりの人口数が9,727人と、全国的に見ても人口に対する割合が、やや少なくなっています。
都道府県別に見た富山県の弁護士数は、47都道府県の弁護士の0.30%です。
総弁護士事務所数は、72箇所になります。

コメントを残す