大阪での債務整理弁護士について

大阪府での債務整理を行っていくにあたって、各弁護士事務所、司法書士事務所を紹介しています。

大阪府の借金問題について


総務省統計局のデータによると、大阪府の1世帯当たり借金現在高は667万円、年収比率101.8%となり、全国平均83.4%よりもかなり高くなっています。

借金保有率で見ると、全国平均の48.6%に近い47.2%となり、借金額が高く、人口の約半数が借金を抱えていることから、全国的に見て借金額が高額であり、約半数が何らかの借金を持っていることになります。
大阪府の年間収入は656万円と、全国平均の700万円を下回っています。その為、相対的に見た個人負担の割合は高くなっています。

大阪の平均年収について


大阪府は東京に次ぐ日本の都市となっていますが、昼間の人口に比べ、夜間は周辺のベッドタウン都市に分散してしまう傾向が進んでおり、人口の減少が見られています。また、大阪府や大阪市の財政悪化も重なっており、失業率も高く、その為、様々な借金問題を抱える人が多い傾向が見られます。

大阪の40代の平均年収は男性は約565万円、女性が約390万円と言われています。

しかし20年ぐらい前の平均年収を見てみると女性はそれほど変わらないのですが、男性に関しては約650万円でしたので約90万円も少なくなってしまいました。

これはバブル崩壊やリーマンショックによって失業してしまったり、アルバイトや派遣社員など非正規で働かなければいけないという事が要因だと考えられます。

平均年収が減ってしまったという事は当然生活も苦しくなってきています。40代になると住宅ローンや子供の養育費などで出費がかなりあると思います。

そのため平均年収が20年で約90万円も少なくなってしまったらその分節約しなければいけなくなります。大阪では最近はサラリーマンが昼休みにコンビニでカップラーメンを買ってイートインで食べている姿をよく見かけます。

実際大阪の男性は300万円台、女性は100万円台がいちばん多いようです。夫婦で共働きをしても男性の平均値には及ばないという結果になりました。

これでは夫ひとりの収入で生活していくのは難しく、子供との時間を犠牲にしてでも働かずにはいられないでしょう。

40代でこの水準の企業であればその後の収入アップも期待できる状況ではないので、結婚や出産に踏み切れないのは自然な事といえるでしょう。

毎日のように増税の話題を耳にしますが、平均値ではなく、より実態に近い中央値を軸に判断をしていただかなければ生活が破綻してしまう家庭が増加してしまうのは避けられないと思われます。

大阪府の弁護士数


大阪府の弁護士人数は4,225人人ですが、弁護士1人あたりの人口数が2,091人と、全国的に見て、東京都に次ぐ人口に対する割合が少なくなっています。
都道府県別に見た大阪府の弁護士数は、47都道府県の弁護士の11.6%です。
総弁護士事務所数は、1,780箇所になります。




あなたにあった専門家を診断


問1 : 何について相談したいですか?
借金問題の解決方法について 過払い金請求について
問2 : 匿名で相談したいですか?
はい いいえ
問3 : ヤミ金からの借り入れはありますか?
はい いいえ
問4 : 家族や周りには内緒で相談したいですか?
はい いいえ
問5 : 住宅ローンの支払いはありますか?
はい いいえ