借金をさせない方法、特に借金癖のある家族向け。

後で読むには以下のボタンが便利です。


こちらであなたピッタリの借金専門家を診断出来ます。


家族に借金をさせないようにする方法、について解説を行います。癖というのは、なかなか治らないもので、特に厄介な問題が家族、夫の借金癖ですよね。どれだけ注意をしたところで、治らないのはもはや依存症といってもいいかもわかりません。

最近では、この借金癖が原因となって離婚する夫婦も少なくありません。借金癖をする人は、どれだけ言っても、治りません。きっとこれを読んでおられる、あなたも何度も裏切られた事と思います。ですので、強制的に借金をさせないようにするしかないのです。

では、解説を行っていきますね。

強制的に借金をさせない方法は、2つあります。


強制的に借金をさせない方法は、2つあります。1つが貸付自粛制度、というものです。もう1つが法律の力を借りる「債務整理」です。どっちが良いかは、借金の金額、それから、主な借入先によって異なってきます。

詳しく解説を行いますね。

消費者金融からの借金ばかり


消費者金融など、貸金業者、サラ金業者などの場合は、貸付自粛制度を選択するのがおすすめです。これは、日本貸金業協会が実施しているものです。貸付自粛制度に届け出をすると、信用情報機関に登録される事で、消費者金融などから借りる時の、審査でチェックが入り、借金をさせないようにする事が出来ます。貸付自粛依頼情報を登録されてから約5年程度は、借金が出来なくなります。

注意点


貸付自粛制度は、日本貸金業協会が実施しているもののため、銀行のカードローンは非対応なのです。銀行は貸金業ではないためこの日本貸金業協会に入っていないんですね。また、当然の事ながらヤミ金などにも対応出来ません。

また、この制度は、借金癖のある本人の所在がはっきりしている場合、本人の意志がないと申請出来ません。

身内、家族が勝手に申請を行えるのは、本人がどこにいるかわからない状態のため、家にいる人の申請は、本人が行わなくてはいけないのです。

銀行カードローンの借金など


上記の貸付自粛制度が利用出来ない場合、また銀行カードローンなどをもうさせない、というのであれば、債務整理を行うのが一番です。任意整理や自己破産をなどを行う事によって、強制的に借金をさせないようにする事が出来ます。信用機関に「事故」として掲載されます。いわゆるブラックリストになるのですが、そうする事で、借金不可能になります。

債務整理は、借金の金額が100万円ぐらいでも十分可能です。

債務整理をすると家族はどうなるの?


仮に、借金癖のある夫を債務整理させても、その家族には影響はありません。本人名義の借金を債務整理する事により、クレジットカード、銀行カードローン、消費者金融すべてストップする事が出来ます。また、ヤミ金の場合は、支払う必要がないため、もし取り立てをされているのであれば、対応してもらえます。

まとめとして


借金癖は、本当に厄介な問題です。本人に自覚があってもついつい借りてしまうから、やめられないんですよね。
どの方法をとるにせよ、一度借金問題の専門家に相談される事をおすすめします。

私としては話を聞いてくれる、弁護士さんとしてこの方がおすすめです。

記事のシェアをお願いします。

今回の記事が、誰かのためになる、役立つと思われたらシェアして頂けると励みになります。

借金の返済に困って、借金で借金を返すような状況になっていませんか? 一人で悩まずに、借金減額の可能性など、 専門家に相談するのが一番おすすめです。 あなたに合う専門家サーチを作りましたので、是非ご利用下さい。

問1 : 何について相談したいですか?
借金問題の解決方法について 過払い金請求について
問2 : 匿名で相談したいですか?
はい いいえ
問3 : ヤミ金からの借り入れはありますか?
はい いいえ
問4 : 家族や周りには内緒で相談したいですか?
はい いいえ
問5 : 住宅ローンの支払いはありますか?
はい いいえ