個人民事再生のメリット、デメリット

後で読むには以下のボタンが便利です。


こちらであなたピッタリの借金専門家を診断出来ます。


どうも借金レスキューです。
今回は個人民事再生のメリットデメリットをお伝えしていきます。

まず個人民事再生とは、簡単にいえば、裁判所を通じて債務を減額し、支払っていく手続きの事をいいます。
個人再生は、自己破産と同様に個人再生法を使って整理をするのですが、
借金を指定の金額まで強制的に減額して、それを3年間で支払っていくというものです。

個人民事再生のメリット


個人民事再生の最初のメリットは、借金が最大5,000万円まで対象となり10分の1程度まで減額ができるという事。
そして住宅ローンが残っている持ち家を残せるのが最大のメリットですね。
せっかく買った自分の家以外の借金を整理するという方法なので、申し立て件数が増えている債務整理の方法です。

他にも個人民事再生、自己破産の免責不許可事由があり、自己破産できない方や、
自己破産をすると職業制限にひかかって職を失ってしまうかもしれない方に向いています。

個人民事再生のデメリット


逆にデメリットというと、自己破産ではないので支払いを続けていく必要はあります。
あと、住宅ローン以外の借金に関しては、連帯保証人に迷惑をかけてしまう可能性があります。
当然、ブラックリストにも載ってしまうという事です。

減額されても支払いを続けていかなくてはいけないというのは、ネックになりやすいですが
借金返済のための計画も、3年で難しいようであれば、最大で2年間の延長をする事が出来るなど
救済措置もしっかりあります。


個人民事再生の種類は2つ


個人民事再生には小規模個人再生と給与所得者等再生の2種類があります。

小規模個人再生


きちんとした収入があること、
住宅ローンを除いた借金の総額が5000万円以下であること。

住宅ローンのある方は、消費者金融の返済に加えて、ローンの返済も続けなければなりません。
住宅を守りながら個人民事再生をするためには、きちんとした収入が求められます。

給与所得者等再生


給与所得者は、条件が厳しい一方で、手続が簡単という違いがあります。
小規模個人再生との違いは、借金返済のための再生計画に対し、債権者の同意が必要ないという点です。

どっちがいいのかは、弁護士さん、司法書士さんの判断に任せていくと良いでしょう。


借金を返済するための再生計画を守れなかった場合


返済期限の延長をするために、再生計画変更を申し立てる必要があります。
リストラになったり、病気にあってしまったり、止む得ない事情で返済が厳しくなった場合は
2年まで延長する事が出来ます。



住宅ローンはどうなるの?


住宅ローンそのものの減額は出来ません。
消費者金融からの無担保ローンのようなもののみ減額が出来ます。

ただし、個人民事再生をした場合の住宅ローン負担を減らす事は出来ます。

住宅ローンの負担の3つ軽減


1 住宅ローンの返済が遅れていても、一括全額返済を免れられます。
2 住宅ローンの返済期間を延長して、毎月の返済額を、減らしていく事が出来ます。
3 消費者金融からの借金を返済している間は、住宅ローンの返済を猶予してもらえます。


自己破産と個人民事再生の違いは?


自己破産と個人民事再生の違いはわかりやすく言うと
自己破産は、財産を処分する代わりに、借金が全額免除される。
個人民事再生は、財産を守る代わりに、借金の一部を返済する。

こういったものです。

あとは、個人民事再生には、職業制限などはないため
会社の役員・建設業者・生命保険募集人・損害保険代理店・弁護士などの職業でも問題ありません。

記事のシェアをお願いします。

今回の記事が、誰かのためになる、役立つと思われたらシェアして頂けると励みになります。

借金の返済に困って、借金で借金を返すような状況になっていませんか? 一人で悩まずに、借金減額の可能性など、 専門家に相談するのが一番おすすめです。 あなたに合う専門家サーチを作りましたので、是非ご利用下さい。

問1 : 何について相談したいですか?
借金問題の解決方法について 過払い金請求について
問2 : 匿名で相談したいですか?
はい いいえ
問3 : ヤミ金からの借り入れはありますか?
はい いいえ
問4 : 家族や周りには内緒で相談したいですか?
はい いいえ
問5 : 住宅ローンの支払いはありますか?
はい いいえ