うつ病で住宅ローンが苦しい場合の対応方法

後で読むには以下のボタンが便利です。


こちらであなたピッタリの借金専門家を診断出来ます。


うつ病などで働けなくなり、住宅ローンが払えない、と苦しい生活状況になってしまうケースが最近増えています。
どんな対応をしていくべきか、その手順を解説します。

住宅ローンの返済に関しては、延滞をしているか、していないかによって、とっていく行動も大きく変わっていくと考えていいでしょう。


延滞前なら銀行に相談。


住宅ローンの返済が延滞していない状態でしたら、真っ先に住宅ローンを借りている銀行に相談をしてみましょう。金融円滑化法というのがあって、銀行も返済を継続出来るように支払い期間を延長したり、減額などの対応をしてくれるケースがあります。うつ病による休職期間が、どれぐらいになるか、にもよるとは思いますが、まずは銀行に相談をして交渉してみるのがおすすめです。

すでに延滞をしているなら任意売却


住宅ローンの延滞をしてしまっていると、全額返済を求められるケースがあります。(もちろん銀行もすぐに全額返済、競売とはなりませんが)そして、全額返済出来ない場合は、自宅を競売にかけられてしまいます。競売で自宅を売却となると、叩き売りになってしまうケースが多く通常の6割〜7割程度の値段で売却されてしまいます。

ですが、任意売却の方が、一般の不動産価格での売買が可能となるため、競売よりも高くうれる可能性があるんですね。ただし、競売も任意売却も、自宅が売れたからといって、住宅ローンがなくなるわけではありません。自宅が売れたお金で、住宅ローンの返済にあてるという事は変わりません。

重度のうつ病の場合


上記に書いた通り、競売、任意売却の場合は住宅を売り、そのお金を住宅ローンの返済にあてます。

しかし、住宅ローンの残りがある場合は払っていく必要があります。うつ病からの復職が難しい場合は、残りのローンを支払っていく事が難しいかもしれません。その場合は、最終手段として自己破産をするのが一番身軽になれる選択です。自己破産というと、どうしてもイメージが悪いかと思いますが、実際のところ、大きなデメリットとしては、新しく借金が出来なくなる、クレジットカードが作れなくなる、事があげられますが、借金は全て帳消しになるというメリットがあります。

競売、任意売却、自己破産、どれがいいかは、専門家に相談をするのが一番です。素人判断は危険です。

専門家への無料相談はこちらをご利用下さい。匿名で受付ています。


一番まずいパターン


うつ病で休職の期間がどれぐらいになるかわからないのですが、ズルズルと家を持ち続けてしまい、ギリギリの生活となるのが一番まずいパターンです。うつ病の症状から考えても、住宅ローンの返済で、延滞しそうになって、ヤキモキしたり、延滞して銀行から督促があると、精神的にどんどん追い込まれていきます。

うつが悪化してしまう事と、延滞損害金などが気になってしまう事と、二重で苦しんでいってしまいます、

そうなると、ズルズルしたところで、自宅を手放す事になっていってしまうので、うつ病という病気の事を考えるならば、早めの任意売却がおすすめです。

記事のシェアをお願いします。

今回の記事が、誰かのためになる、役立つと思われたらシェアして頂けると励みになります。

借金の返済に困って、借金で借金を返すような状況になっていませんか? 一人で悩まずに、借金減額の可能性など、 専門家に相談するのが一番おすすめです。 あなたに合う専門家サーチを作りましたので、是非ご利用下さい。

問1 : 何について相談したいですか?
借金問題の解決方法について 過払い金請求について
問2 : 匿名で相談したいですか?
はい いいえ
問3 : ヤミ金からの借り入れはありますか?
はい いいえ
問4 : 家族や周りには内緒で相談したいですか?
はい いいえ
問5 : 住宅ローンの支払いはありますか?
はい いいえ