任意整理後450万円の借金返済終了した時の事

後で読むには以下のボタンが便利です。


こちらであなたピッタリの借金専門家を診断出来ます。


どうも借金レスキューです。
任意整理後450万円に減額した借金。
3年間続いた振込処理も、いよいよ最後となりました。3年間、いろいろな事を我慢すれば、なんとか乗り切れると思い、任意整理の道を選びましたが、想像以上に苦難の連続でした。

当初の返済計画が遅延したりぶれる事がありませんでしたが、とにかく急な出費があまりにも多いことに気づき、結局いろいろな方にお世話になりながら、何とか最後の支払を済ませる事ができました。

とにかく感無量でした。

今も忘れない最後の振込日。いつも振込をしている某Y銀行T支店で、いつもの様に振込処理をしました。別に何も変わる事なく処理を終えて銀行を出る際に、借金を支払い切った充実感で、思わず涙が出てきました。この日もひとりで祝杯を挙げました。

結局、自分ひとりだけの力では、任意整理で減額された借金ですら、返済するのが非常に困難(困難というか、ほぼ不可能かも知れません)という事に、改めて気付かされました。

仮に私が両親と同居しておらず、一人暮らしで家賃や光熱費等を支払う必要があった場合、恐らく途中で頓挫し、自己破産へ切り替えていた事と思います。というか恐らくそのことが判明した時点で、弁護士さんは自己破産以外の対応を認めなかったと思います。

そういう意味でも、特に私の両親には迷惑を掛けっぱなしであったと思います。本当に感謝してもし切れません。

3年間の辛い日々を経て、自分の給与をほぼ自由に使える事になりました。初任給を得たときの喜びと大切さを忘れずに、お金は大事に使っていきたいと思っています。


任意整理を終えて


3年にも及んだ任意整理後の借金返済を終えました。あっという間という気もしますし、とても長かった様にも感じます。やっと普通の生活に戻れましたが、特に生活上で変化はありません。唯一変化があった事は、完済から数年経ち、クレジットカードを再度作成する事ができる様になった点くらいでしょうか。

実際に私はクレジットカードを作成し、現在3社のクレジットカードを所有しています。いまのクレジットカードは、ほとんどのカードに勝手に「キャッシング枠」が付いており、私でも最大で200万円程度の「借金」をいとも簡単にする事ができます。

返済を終えて、私にも彼女ができ、同棲をはじめ、やがて結婚し、二人の子供に恵まれました。

その間にも、家賃や敷金・礼金、引っ越し費用、披露宴の費用、ハネムーン代、子供の出産費用等々、出費の多いイベントが多くありました。同棲から新婚当初は口座は別々であり、家賃と光熱費を私が負担し、食費を妻が負担していましたが、妻が専業主婦になり、口座をすべて妻の管理下に置く事となりました。

任意整理に必要以上に怯える必要はありません。

ただし、協力者は必要だと改めて思います。

記事のシェアをお願いします。

今回の記事が、誰かのためになる、役立つと思われたらシェアして頂けると励みになります。

借金の返済に困って、借金で借金を返すような状況になっていませんか? 一人で悩まずに、借金減額の可能性など、 専門家に相談するのが一番おすすめです。 あなたに合う専門家サーチを作りましたので、是非ご利用下さい。

問1 : 何について相談したいですか?
借金問題の解決方法について 過払い金請求について
問2 : 匿名で相談したいですか?
はい いいえ
問3 : ヤミ金からの借り入れはありますか?
はい いいえ
問4 : 家族や周りには内緒で相談したいですか?
はい いいえ
問5 : 住宅ローンの支払いはありますか?
はい いいえ