ギャンブル依存症になりやすい人

後で読むには以下のボタンが便利です。


こちらであなたピッタリの借金専門家を診断出来ます。


借金で生活が立ち行かなくなる人の多くは「ギャンブラー」?

不況からやっと脱してきたと言われている(庶民感覚ではまだ好況は感じないけれど)昨今の日本ですが貧富格差は広がっている気がしますよね。

ワーキングプアとか若い人の職がないとか派遣切りとか、色々な事情で消費者金融からの借入をしている人もいる中で、やはり消費者金融からの借金で身を持ち崩すのはギャンブラーが多いとのこと。

ギャンブラーと言っても、それはパチンコや競馬などのギャンブルであって、ラスベガス的なものではありません。では身近なギャンブルにはまる人はどうして冷静な判断ができなくなるのでしょうか?



賭け事で儲けるのは胴元だけ、博打の語源を知っていますか?


ギャンブルで我を失う人というのは、最初の成功体験を忘れられずに続ける人が多いと言います。

確かに最初は上司に誘われて付き合いで行ったパチンコで何万円も勝つことができれば
つい味をしめてしまうのもわからなくはありません。

でも、パチンコ屋があんなに豪華な外装や、綺麗な店内などを保てているのは、パチンコ店のオーナーがあんなにセレブな生活を送れているのは、どれも「あなたが負けたお金」のおかげなんですよね。

はっきり言うと、借金を重ねながらやっているギャンブルは、その時点であなたの負けはこんでいるのです。

賭け事で儲けるのは胴元だけ、というのは昔からの常識です。

博打の語源の説には「その『場』で『くち』果てるから、博打って言うんだ」というものがあります。博打はその名前そのものが「自分の身を亡ぼす」ということを示してくれているわけです。



ギャンブルにはまる人はやはり男性の方が多い


ギャンブルにはまって冷静さを失い、消費者金融などから借金を重ねてまで止められない人は男性の方が割合が多いですね。弁護士などに相談に行くときにはすでに500万円くらいの借金を消費者金融でしている人が割合としては1番多いそう。

ではどうしてここまでくるのになかなか冷静になれなかったのかというと、やはりビギナーズラックに引きずられているから。

ただ、パチンコ店などは初来店の客などには「わざわざ」玉が出やすく操作をする店もあるってことで。

これはもちろん、今後の常連にするためにです。

初回に「わざと」店側が負けて「5万円ほど」を利用者に還元しても、その人がこれから常連になって、借金をしてまでも200~300万円を店のために使ってくれるなら最初の5万円程度の投資なんて安いもんです。

こうしたことに関して、男性より女性の方がはまりにくいのは、女性はそもそも実利に対して厳しいからです。

最初はちょっとはまっても、お金に関しては冷静になる人の割合が女性には多いので「これは損だ」と気づくことができるのです。一方の男性は「成功体験を忘れることができない」性質をもっているので、ちょっとくらい失敗しても「次は成功する!」と言っては止められずにいるままになってしまうのです。



こんな人がギャンブルにはまりやすい!気を付けて!


・執着心の強い人…最初の成功体験から離れられないとか、台を攻略したいとか、もともと何かに執着をしやすい人や思い込みの激しい人はギャンブルから抜けにくくなりやすいです。

・人づきあいが苦手…友人が多かったり、家族の仲が良くて一緒に出掛けることがあるような人はギャンブルより人付き合いを取ることが多いので、身を持ち崩すほどギャンブルにはまることはないですね。

・経済的にそこまで苦しくない…最終的に借金を重ねて自己破産をする展開になったとしても最初は経済的には中堅層の人の方がギャンブルにははまりやすいです。

 収入が低すぎる人はギャンブルよりご飯だったりしますし、収入が多い人はギャンブルよりも面白い自分の趣味を持っている人が多いのです。


ギャンブルは「依存症」にもなるような「薬ではない麻薬」


一般的には自己破産や民事再生などの手続きをすると、債務を抱えていた人はこれからは安易な借金はしないようにしようとします。

ましてや消費者金融の様な高金利の金融業者からは借りないように!と立ち直りを誓います。しかし、ギャンブルで破産した人はここがちょっと違うのです。

あんなに痛い目に遭ったのに、それでも破産後に再びギャンブルに向かう人がとっても多いのです!

借金を重ねて、自分の人生をメチャクチャにして、ヒトによっては家族の人生まで巻き込んでもギャンブルを止められないという人は、早めにギャンブル依存からの立ち直りを支援するサークルに入ったり、精神科などでカウンセリングを受けることをおすすめします。

それはもう、ただのギャンブル好きではなく、確実に依存症であるからです。

記事のシェアをお願いします。

今回の記事が、誰かのためになる、役立つと思われたらシェアして頂けると励みになります。

借金の返済に困って、借金で借金を返すような状況になっていませんか? 一人で悩まずに、借金減額の可能性など、 専門家に相談するのが一番おすすめです。 あなたに合う専門家サーチを作りましたので、是非ご利用下さい。

問1 : 何について相談したいですか?
借金問題の解決方法について 過払い金請求について
問2 : 匿名で相談したいですか?
はい いいえ
問3 : ヤミ金からの借り入れはありますか?
はい いいえ
問4 : 家族や周りには内緒で相談したいですか?
はい いいえ
問5 : 住宅ローンの支払いはありますか?
はい いいえ